「本江の家。」新築工事⑧ 上棟しました。ありがとうございます♪

池田です。

いよいよ上棟です。
天候にも恵まれ、気持ち良く作業させて頂いております。

鳶さんや応援大工さんのご協力もありスムーズに進む事ができました。
ありがとうございます。

<上棟作業の様子>2017-12-14 08.29.21

構造体(骨組み)を1本づつ組み立てていきます。
安全第一のもと、鳶さんの適格な指示ありがとうございます。2017-12-14 08.29.38

少しづつカタチが見えてきました。2017-12-14 08.30.19

2017-12-14 08.30.02

屋根作業の様子です。
天候が良いで、作業も進みますね。2017-12-14 08.30.43屋根も仕上がってきた所で次にリビングの木製サッシを先に納めていきます。
今回、リビングの木製サッシは長さ約5メートル、高さ約2.4メートルで
解放感たっぷりの大きな窓です。

後からの施工はできないので上棟時にレッカーで吊り、取り付けていきます。2017-12-14 08.31.17

木製サッシもしっかり納める事ができました。
ありがとうございます。

<解放感たっぷりのリビング木製サッシ>2017-12-14 08.32.05

「本江の家。」新築⑦ 刻み作業あと少し、上棟間近です♪

池田です。

刻み作業もあと少しになってきました。
構造体の継手部分の細かな調整をしてすり合わせていきます。
適材適所に合わせた継手の手法で施工していきます。
下の画像は、金輪継ぎの様子です。

<金輪継ぎの様子>2017-12-14 09.14.192017-12-14 09.14.33

こちらは、鎌継ぎの様子です。

                                                                <鎌継ぎの様子>2017-12-14 09.13.462017-12-14 09.13.57こちらは、ヒノキ材の6寸柱加工の様子です。
重さ、長さなど存在感かつ落ち着きのある柱に仕上げていきます。
今回は、リビングに立てる計画です。

<ヒノキ6寸柱加工の様子>2017-12-14 09.15.062017-12-14 09.15.34

 

現場の方は、土台を敷いて断熱材を施工していきます。
土台、大引きはヒノキ材を仕様させて頂いております。
断熱材は、カネライト60mmです。

いよいよ、上棟が近づいてきました♪

<現場の様子>2017-12-14 09.16.142017-12-14 08.28.23

「本江の家。」新築⑥ 墨付け&刻み作業のつづき♪

池田です。

墨付け、刻み作業も順調に進んでおります。
土台、大引きの次は建物の構造材部分に入ってきました。

ここでも同じようにその箇所に応じながら材料を1本ずつ墨付けしていきます。

大工さん同士で打ち合わせを重ねながら、年輩大工さんから若い大工さんへ技法が
受け繋がれていきます。

~墨付け作業の様子~2017-06-20 20.05.212017-06-21 05.45.03

 

~刻み作業の様子~2017-06-20 20.07.062017-06-20 20.04.402017-06-21 05.45.45

「本江の家。」新築⑤ 基礎工事つづき♪

池田です。

基礎工事の方も着々と進んでおります。
配筋検査も無事終わり、いよいよコンクリートを
流し込んでいきます。

~配筋検査の様子~2017-06-20 19.52.40

2017-06-20 19.53.162017-06-20 19.54.06

~コンクリート作業の様子~2017-06-20 19.54.26

2017-06-20 19.54.44

土間部分のコンクリートも打ち終わり、引き続き立ち上がり部分の
コンクリートを流し込んでいきます。

2017-06-20 19.58.05

型枠を外して基礎部分完成です。
しばらく養生期間をおいてコンクリートの硬化を待ちます。
2017-06-20 20.00.04

 

お寺様リフォーム工事⑱ 完成しました♪ありがとうございます♪

池田です。

看板の取付も終わり、すべての作業が終了しました。
無垢材の素材を活かしてクリア塗装にする事でより一層
引き締まりました。

今回、住宅部分の工事から始まり隣接するお寺様のリフォーム工事まで
お仕事をさせて頂くことにより、普段なかなできない貴重な体験や経験を
たくさんさせて頂き、本当にありがとうございました。

また、たくさんの人の繋がりによってここまで進めた事に感謝です。
施主様、本当にありがとうございます。
皆さま、今後ともよろしくお願いします。

<看板取付の様子>2017-06-03 09.45.17

<外観の様子>2017-06-03 09.44.492017-05-11 11.44.352017-06-03 09.45.31

 

 

「本江の家。」新築③ 墨付け&刻み作業♪

池田です。

作業場では、材料の墨付け、刻み作業が進んでおります。
先ずは土台、大引きからスタートです。
1本ずつその箇所に合わせて墨付け作業をしていきます。

土台、大引きの材質はヒノキを仕様させて頂いております。

~墨付け作業の様子~2017-06-21 05.41.142017-06-21 05.43.26

~刻み作業の様子~

ほぞ穴やアリ、カマなど仕口を1本ずつしっかりと仕上げていきます。2017-06-21 05.44.442017-06-21 05.44.12

お寺様リフォーム⑰ 外部の看板制作と外部の塀制作♪

池田です。

お寺様リフォーム工事も残すところ、外構工事になってきました。
今回は、お寺様の看板制作と既存のブロック塀を利用した
外部塀の作業をさせて頂きます。

先ず初めに、看板製作です。
今回、お寺様の納屋に保管されていたケヤキ材の無垢板を
仕様させて頂く事になりました。

<左側のケヤキ材を使用させて頂きました。>2017-05-11 11.32.44

材料を平らな状態に鉋で削り直します。
次にお寺のご住職様に筆で看板に文字を書いて頂きました。

そして、次にその文字をノミを使って彫り込んでいきます。
今回、彫りの担当は若い職人さんにお任せしました。
数少ない貴重な経験をさせて頂きありがとうございます。

2017-05-11 11.33.42

 

<彫り込み作業の様子>2017-05-11 11.34.07

彫り作業を終えますと、最後に塗装仕上げに進んでいきます。
塗装はウレタン系塗料を仕様させて頂き、複数回の重ね塗りをする事で
耐久性をなるべく上げていきます。

<ウレタン系塗料仕上げ>2017-06-03 09.44.09

次に、既存ブロック塀を利用した外部塀の施工をしていきます。
アルミの支柱や木製板を仕様してカタチを作っていきます。

最後に上部に看板を取り付ければ完成になります。

完成まであと少しです。

<外部作業の様子>2017-05-11 11.30.422017-05-11 11.29.08

「本江の家。」新築② 地盤改良砕石パイル工事♪

池田です。

着工前に地盤調査をした結果、改良工事の判断となりましたので
今回は、砕石パイル工法の改良工事で進めていきます。

<砕石パイル工法とは>
硬化剤を一切使用しない砕石パイルをその地盤に孔(あな)を堀り、その孔に砕石(天然砕石)を詰め込んで砕石と杭周辺の地盤の支持力を複合させて、高める工法です。
また、天然素材のみを使った「人・環境に優しく」とても強い軟弱地盤の地盤改良工法です。

~地盤改良工事の様子~2017-05-18 19.15.13

パイル深さは、約2.5メートルまで掘っていきます。
住宅部分の敷地に約30本の砕石パイルを入れていきます。2017-05-18 19.15.27

2017-05-18 19.16.11 2017-05-18 19.15.55

「本江の家。」新築① 境界基礎から丁張り作業へ♪

池田です。

「本江の家。」新築工事、始まりました。
今回は、一次エネルギー消費量を駆使した
「省エネルギー性住宅」を施工させて頂きます。
施主様、よろしくお願い致します。

<敷地の様子>ブログ①

始めに、境界基礎工事に入っていきます。
道路等の段差があり、土や砕石、コンクリートの止めなど考慮して
先に境界基礎を進めていきます。

<境界基礎の様子>2017-05-11 12.03.52

次に、丁張り作業に入っていきます。
丁張りを出す事で建物の寸法や角度、高さなど
明確にしていきます。

<丁張り作業の様子>2017-05-18 19.52.13 2017-05-18 19.52.38

お寺様リフォーム⑯ 内部作業終わりました♪

池田です。

ハウスクリーニングも終わり、内部作業終わりました。
全体的に無垢材を仕様させて頂いている事や
仕上げ塗装が艶消しを仕様している事で
既存建物に合わせた、しっとりとした
落ち着きある風合いに仕上がりました。

<内部の様子>

2017-05-11 11.27.20

2017-05-11 11.27.01これから、年数が経つ事で、無垢材の「味」と言うものが出てきます。
そこも無垢材の良さと思って頂ければ嬉しく思います。

2017-05-11 11.40.20

2017-05-11 11.43.53

2017-05-11 11.44.06