下立の家㉓ 完成しました。ありがとうございます♪

池田です。

1月もあっという間に終わり、2月に入りましたね~。

以前から施工させて頂いていた「下立の家。」を先日、お引渡しさせて頂きました。
ありがとうございます。

今回もお仕事を通して貴重な経験や体験をさせて頂く事ができました。
地域の人や各業者さんたちのおかげもあり、良い家づくりを
進める事ができたと思います。(感謝、感謝です。)

また、お施主様のご厚意により「住宅見学会」も開催させて頂きました。
いろいろな人の繋がりを感じつつ、本当に良い経験をしたと思います。
ありがとうございます。
今後も「良い家づくり」ができるように精一杯頑張っていきたいと思います。

お施主様、長い間ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。

※詳しい施工実績は、こちらをクリックお願いします。

下立の家、見学会ありがとうございました~♪

池田です。

下立の家、2日間の見学会にたくさんご来場頂き、ありがとうございました。
当日は約70名の皆さまに観て頂き、いろいろな年齢層の中でいろんな視点や角度から
ご意見、ご感想頂きありがとうございました。
今後もこのような事が続けれるように,日々頑張っていきたいと思います。

 

下立の家、見学会開催させて頂きます♪

池田です。

下立の家、お施主様のご厚意により
1/19,1/20(2日間)、見学会を開催させて頂きます。

新築だけでなく、リフォーム相談も同時にお受けできますので、
ご興味のある方は、是非お越しください。

見学会について。
<日時>
1/19、1/20(2日間)
AM10時~PM18時

<場所>
黒部市宇奈月町下立地区内

<お問合せ先>
メール:info@ikedagiken.com
TEL:090-1310-9997(池田)
※わからない事などあれば、お問合せ先まで
ご連絡の方、よろしくお願い致します。

仕事はじめ~♪下立の家㉒

池田です。

今週から本格的に仕事始めになりました。
本年もよろしくお願いします。

さて、下立の家ですが完成が近くなってきました。
床、壁の塗装作業、キッチン取付、サンルーム設置、玄関ドア搬入など。
あと少しで完成になります。

近日、見学会を開催させて頂きます。
ご興味のある方は、お気軽にお越しくださいませ。

<リビングの様子>

<キッチンスペースの様子>

<アプローチの様子>

<サンルームの様子>

下立の家㉑ 完成近くなってきました♪

池田です。

下立の家、仕上げ段階に入っており完成近くなってきました。
壁紙や照明の取付作業もほぼ終わり、暖かみある良い雰囲気に仕上がってきました。
床の養生も外し内部の方は、床塗装や建具、棚板の取付作業段階に入っていきます。

リビングの様子です。
丸太の存在感が良い感じになってきした。
見た目だけでなく、構造的にも強く発揮されています。

<リビングの様子>

和室天井の様子です。
今回は、純和風ではなく和モダンのイメージに仕上げていきます。
天井材も建材を使わず、杉板の重ね張りをする事で凹凸をつけていきます。
中央部は、まだできていませんが最終的に障子を入れてその中に照明器具を埋め込んでいく予定です。

<和室天井の様子>

タイル作業の様子です。
今回は、ピンコロ石を仕様させて頂き円形ウロコ張りに仕上げていきます。
タイル屋さんの職人技が光って良い感じになりました。
作業の方、ありがとうございます。

<タイル作業の様子>

<ピンコロ石 円形ウロコ張り>

下立の家⑳ 外部土間作業♪

池田です。

外部の土間作業に入っていきます。
型枠を組みコンクリートを流し込んで階段やアプローチを造っていきます。
12月にも関わらず天候にも恵まれ作業が進みました。
また冬空の中、左官屋さんにも作業を頑張って頂きました。

左官屋さんありがとうございました。

<外部作業の様子>

<玄関アプローチの様子>

<階段、土間コンクリートの様子>

下立の家⑲ 内部作業進んでおります♪

池田です。

少しずつ仕上げ作業に入ってきております。
リビングの方は、杉材を利用した柔らかい空間に仕上がってきましたね。

<リビングの様子>

内装作業も進んできております。
壁クロスを張る前の下地処理作業の様子です。
パテ処理をすることで壁の凹凸部分を平らにしていきます。

<下地処理作業の様子>

洗面室と浴室の様子です。
天井、壁、共に桧を仕様させて頂いております。
桧(無垢材)を仕様する事で湿気の多い場所では、
調湿効果の性能を発揮する事や無垢材特有の断熱性能もあります。

<洗面室及び浴室作業の様子>

下立の家⑱ 和室の造作♪

池田です。

和室の造作作業に入ってきました。
今回は、柱や造作材は桧を仕様させて頂いております。
イメージとしては、シンプルかつ品のあるお部屋に仕上げていきます。

天井作業の様子です。
天井竿は、少し細めの磨き丸太を利用して組んでいきます。
丸太なのであらかじめ作業場で仮組をし現場で取り付けていきます。

<作業場で仮組の様子>

桧6寸角と鴨居取付の様子です。
丁度良いサイズ感で存在感もバッチリです。
桧の良い香りがしますね~。

<桧6寸角と鴨居の様子>

下立の家⑰ 内部造作のつづき♪

池田です。

引き続き内部造作しております。
壁部分の板張りや石膏ボード張りなどで
随分とカタチになってきました。

杉の化粧丸太も雰囲気良く見えてきていますね。

<内部造作の様子>

明かり窓の様子です。
ダイニング部分に明かりを取り入れると共に、
そこから丸太も見えるように枠材を取り付けております。
見た目の遊び心も取り入れさせて頂きました。

<明かり窓の様子>

<玄関の様子>

<各部屋の様子>

下立の家⑯ 内部造作♪

池田です。

内部の造作作業に入ってきました。
杉の天井板張りの様子です。
今回は、源平杉を主にして仕様させて頂いております。

杢目も柔らかく落ち着いた雰囲気に仕上げていきます。
また、床材と同様に断熱性や調湿効果にも優れています。

<天井板張りの様子>

次に枠材の取付作業に入っていきます。
材質は、杉材を仕様させて頂いており、あらかじめ作業場で加工作業して
取付に入ります。
また、自社では見た目だけでなく生活のしやすさ、使いやすさも追求していますので
ストッパーなど取り付けれる加工内容になっております。

<杉の造作枠材作業の様子>