「宇奈月の家⑥」手刻み作業♪(金輪継ぎ、6寸角柱)

池田です。

作業場での手刻み作業も終盤に差し掛かってきました。
梁と梁を繋ぐ継手作業の様子です。

今回は、主に「金輪継ぎ」で繋いでいきます。

「金輪継ぎ」とは、伝統的な継手の中でも特に頑丈なもので、梁や柱を繋ぐ時の工法として
仕様させて頂いております。

あらかじめ作業場で仮組をすることで、
微調整をして最後にカンナで仕上げていきます。

<金輪継ぎの仮組作業>

次にヒノキ6寸角柱の加工に進んでいきます。
木目の位置や背割れの位置を確認しながら寸法を決めていきます。

<ヒノキ6寸角柱の加工>

仕上げは、カンナ掛けです。
ヒノキの香りがとても心地良いですね~。

「宇奈月の家⑤」手刻み作業 (木材加工偏)♪

池田です。

お盆休みもあっという間に過ぎていきましたね。
皆さま、今年はどのように過ごされていたでしょうか。

さて、「宇奈月の家。」手刻み作業の木材加工に進んでいます。
電動機械、カンナ、ノミを使いながら皆で分担して作業を進めていきます。

<桁、梁の手刻み作業>

<土台(ヒノキ材)の手刻み作業>

<傾斜梁の手刻み作業>

それぞれ、丁寧に手刻みをして仕上げていきます。
杉やヒノキの香りがとても心地よいですね~。

<各種仕上がりの様子>

「宇奈月の家③」 手刻み作業(墨付け偏)

池田です。

作業場の方では、骨組みとなる木材の「墨付け」作業に進んでいます。
木のクセを見抜き1本づつ適材適所に木材を配置していく重要な作業で、
「木組み」の重要となる部分です。

繊細な作業ですが、「木と会話」できる楽しい時間でもありますよ。

<構造材の様子>

土台部分は国産ヒノキ材、
桁、梁は、杉材(県産材)を仕様させて頂いております。

<土台墨付けの様子>

<桁、梁の墨付けの様子>

造作建具工事~♪

池田です。

今年は、梅雨の期間が長いですね~。
ジメジメした日がもう少し続きそうですね。

先日、造作建具(網戸)を制作させて頂きました。
既存ドアの外側に枠材を取り付けて、引違いタイプに
させて頂きました。

網戸と思えないくらいの自然な落ち着きある良い仕上がりになりました。

施主様、ありがとうございます。

<造作建具 引き違いタイプの網戸制作>

<既存玄関ドアの様子>

「生地の車庫③」 手刻み作業~♪

池田です。

作業場では、手刻み作業により構造材の加工をしています。
画像は、金輪継手の様子です。継手部分は、仮組作業を行い細かな調整をしていきます。
中央に木の栓を打ち込んでいくにつれて、木が締まっていく仕組みになっています。
金輪継手は、伝統的な継手の1つでとても丈夫に作られています。

<金輪継手の様子>

次に各材料の仕口の様子です。
こねほぞ・あり落としなど、納まる場所に応じて
造り上げていきます。

<桁、梁の仕口の様子>

土台の鎌継手の様子です。
材料が納まりながら、木と木がくっついていく構造に
なっています。
ヒノキの香りがとても良いですね~。

<土台、鎌継手の様子>

<木製火打ちの様子>

現場の方は足場も組み、建て方の準備をしています。

<足場組立作業の様子>

「生地の車庫②」 墨付け作業してます♪

池田です。

お正月も過ぎ、本格的に仕事がスタートしました。
本年も皆さま、よろしくお願い致します。

さて、作業場では墨付け作業をしております。
木材を見定めなが、曲がりやクセを見抜き、適材適所に
木を配置していく重要な作業です。

<墨付け作業の様子>

土台は、国産の桧を仕様し
柱、梁、桁は、国産の杉材を仕様させて頂きました。
また、荷重の加わるカ所については、松の集成材で対応していきます。

<土台、通柱、桁、梁の様子>

幅450ミリの桁と梁です。
荷重の加わる場所ですので、大きいもので対応していきます。

[朝日のリフォーム⑧] 木製造作建具を制作しました♪

池田です。

内部は、最後の作業になる木製造作建具の製作を進めています。
オーダー製作なので、高さや巾を自由に決めて頂く事ができますので、
綺麗スッキリと納める事ができます。

今回、杉材を仕様していますので暖かい雰囲気に仕上がっていきます。

<木製建具制作の様子>

キッチン収納スペースの様子です。
天井まで建具高さを取る事で
使いやすさとデザインの両方を良くする事が出来ます。

<キッチン建具の様子>

間仕切収納建具の様子です。
普段は、4枚引違戸として使用できますが、
スペースを広げたい時に建具を外さずに、壁面に収納する事ができます。

<間仕切収納建具の様子><壁に建具収納の様子>

[朝日のリフォーム③] 手刻み加工作業♪

池田です。

お盆も過ぎましたが、まだまだ暑い日が続きますね。

さて、朝日のリフォーム工事は、構造材の手刻み加工作業に入っています。
土台、柱、梁など材料の曲がりを見ながら
墨付け作業をします。

<手刻み作業の様子>

梁、桁材の継手部分の様子です。
継手には、いろいろな種類がありますが
今回は、台持ち継手工法でいきます。

<台持ち継手の様子>

土台と大引きは桧材を仕様、柱は杉材を仕様させて頂きました。
ホゾ、アリ、さし口等を合わせながら加工していきます。

<土台、柱の様子>

木製建具制作♪

池田です。

先日、福祉施設の木製建具を制作させて頂きました。

もともとは、アルミ製の柵を使用していましたが、
今回は、木製建具で制作させて頂きました。

材質は杉材。縦格子のデザインにする事で
落ち着いた、暖かみある空間に仕上がりました。

ありがとうございました。

<既存アルミ柵>

<木製建具 縦格子>

木製間仕切建具の制作♪

池田です。

先日、木製間仕切建具を造りました。
もともと間仕切の建具(折れ戸)がありましたが
「建具下のすき間風で寒い。」との事でしたので
今回は、敷居みぞ加工をしてすき間風の入らない建具を
制作させて頂きました。

ありがとうございました。