「屋根の改修工事③」取付作業、始めました♪

池田です。

また雪が積もりましたね~。
天候の状態も良くなってきましたので
取付作業に進んでいきます。

既存の屋根がしっかりしているので、屋根をそのままに作業を進めていきます。
なので今回は、相欠き工法で継手部分を造っていきます。

<相欠き工法の様子>

しっかりと木を組み合わせていきます。
少しずつカタチになってきましたね。

<木組みの様子>

屋根の上面の様子です。
防水処理をした後にポリカ板を載せて
仕上げていく予定です。

<屋根上面の様子>

「屋根の改修工事②」手刻み作業と塗装作業♪

池田です。

作業場では、着々と作業が進んでおります。
柱と梁もカタチが特殊ですので、手刻み加工で進めていきます。
既存の部材を取り外して、1本づつ加工していきます。

<手刻み作業の様子>

次に塗装作業です。
塗料は、キシラデコールを仕様しています。
日光や雨風にも強く、耐候性が良く
防虫、防カビにも優れています。
既存の色に合わせながら塗り、仕上げていきます。

<塗装作業の様子>

「屋根の改修工事①」始まりました♪

池田です。

12月も半ばに入り、今年もあと約2週間になりました。
まとまった雪も降り、本格的に冬らしさが出てきましたね~。

さて、年末に向けて屋根の改修工事をさせて頂きます。
よろしくお願いいたします。

今回は、木製の化粧柱と傾斜梁の取り替えをして
雨等で腐食した部分を取り替えていきます。

現状況では、雨が木部の中に侵入していくような状態なので
柱と梁のカタチを少し変えていく予定です。

さらに、ポリカ板で屋根面を造って、既存木部デッキ内の雨の侵入も
極力入らないようにしていきます。

木製サッシも雨の侵入により、腐食しているカ所がありますので
アルミサッシに取り替えていきます。

「宇奈月の家⑯」完成、お引渡しさせて頂きました♪

池田です。

以前から工事を進めさせて頂いた「宇奈月の家。」が完成し
先日、お引渡しさせて頂きました。

今回は、約70年前の蔵解体作業から始まり、石垣や植栽の作業など限られた敷地の中で
お施主様と打合せをさせて頂きながら作業を進めさせて頂きました。

お施主様の想いをカタチにさせて頂く事が、私たちの想いでもありますので
毎回お仕事を通して、いろいろな経験や体験ができる事にとても感謝しております。

作業期間中は、本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

完成画像は後日、施工実績の方に載せさせていただきます。

福祉施設の木製建具制作③♪

池田です。

以前から、作業を進めさせて頂いた木製建具制作が
完成しました。

ありがとうございます。

通路の間仕切り建具として使用して
建具を片方に寄せる事で通路の寸法確保にも
繋げていきます。

杉材を仕様する事で、スッキリしたデザインと
暖かみある雰囲気に仕上がりました。

外部木製塀の制作①♪

池田です。

外部木製塀の制作をさせて頂きます。

木製塀の材質は、ヒバ材です。
特徴は、耐水性が強く腐りにくいため、外部の化粧材料にも優れています。

板の面取り作業をして、測ってきた寸法に
材料をカットしていきます。

塗料材は、キシラデコールです。
日光や雨風に強い耐候性を持ち、防虫、防カビ等にも強い
優れた塗料です。

福祉施設の木製建具制作②♪

池田です。

木製建具の制作、着々と進んでおります。
枠材をあらかじめ先に現場で取り付けさせて頂いて、
次に建具の組立作業です。

デザインは、縦格子になります。
木の反りなども考慮して、柾目を正面に向けて
造っていきます。

戸車は、建具を設置したまま調整できる物を取り付けていきます。
ドライバー1本で調整できる優れものです。

スッキリとした暖かみある雰囲気に
仕上がってきましたね~。

最後に塗装作業をして建具を仕上げていきます。
塗料は、植物系油の原料を仕様した健康に良いものです。

福祉施設の木製建具制作①♪

池田です。

今回、福祉施設の木製建具の制作をさせて頂く事になりました。
よろしくお願いいたします。

まずは、材料の加工作業です。

材質は、杉材を仕様させて頂きました。
暖かみある雰囲気に仕上げていきます。

建具枠の加工です。
枠材と建具材は、共に杉材を仕様させて頂きました。

玄関戸の取替えリフォーム♪

池田です。

先日、玄関戸の取り替え工事をさせて頂きました。
既存の戸は、アルミ製ですが枠廻りが木部で鴨居も下がっている為、
戸が可動しづらい状態でした。

今回、サッシ枠もセットで交換させて頂きますので
戸がスムーズに動きやすく、断熱性の向上、防犯性の向上も
作業を通して行う事ができました。

ありがとうございます。

<玄関戸 施工前>

家自体も純和風の建物ですので、
ヒノキ柄の縦格子を使用させて頂く事で
落ち着きある雰囲気に仕上がりました。

<YKK ヒノキ柄縦格子  施工後