お寺様 屋根修繕&手摺工事♪

池田です。

先日、お寺様の屋根修繕と内外部の手摺を施工させて頂きました。
屋根の方は、雨漏り等で下地の腐食も見受けられましたので、
下地直しとルーフィングを敷いて施工させて頂きました。
棟の方も、緩みが目立っていたので、積替えさせて頂きました。

<屋根修繕作業の様子>

内外部の手摺作業の様子です。
手摺を取り付ける事により生活動線が改善されました。
使用される年齢層も考慮して、少し低めに付けさせて頂きました。

<手摺作業の様子>

[朝日のリフォーム④] 建て方作業&外部下地作業♪

池田です。

いよいよ、建て方作業に入っていきます。
土台は、桧を仕様させて頂きました。

<土台の様子>

建て方当日は、雨模様でしたが大工職人のみなさんが、頑張ってくれました。
作業ありがとうございます。

<建て方作業の様子>

外部と床組の様子です。
白蟻や木材保護を目的として、高性能木材保護材を塗っていきます。

<外部&床組の様子>

今回の木材保護材は、キシラモントラッドを仕様させて頂きました。

この商品の良い点は、主にこんな感じです。
・木材内部にしっかりと浸透し、防蟻、防腐性能を発揮。
・臭いを抑えた低臭タイプ。
・安全性に優れた有効成分を使用。

次に、外部をハイベストウッド(耐力壁)を張っていきます。
耐力壁を全体に張る事で建物の躯体強化を求めていきます。

屋根下地の様子です。
野地板の上にシージングボードを張っていきます。
この作業をする事によって、防音、調湿、断熱性を高めていきます。

<屋根下地の様子>

[朝日のリフォーム③] 手刻み加工作業♪

池田です。

お盆も過ぎましたが、まだまだ暑い日が続きますね。

さて、朝日のリフォーム工事は、構造材の手刻み加工作業に入っています。
土台、柱、梁など材料の曲がりを見ながら
墨付け作業をします。

<手刻み作業の様子>

梁、桁材の継手部分の様子です。
継手には、いろいろな種類がありますが
今回は、台持ち継手工法でいきます。

<台持ち継手の様子>

土台と大引きは桧材を仕様、柱は杉材を仕様させて頂きました。
ホゾ、アリ、さし口等を合わせながら加工していきます。

<土台、柱の様子>

外壁&内部リフォーム④ 完成しました。ありがとうございます。♪

池田です。

外壁&内部リフォームが完成しました。

約1ヶ月半の工事で、天候にも恵まれて
各業者さんたちのおかげもあり、作業もスムーズに
進む事ができて良かったです。

今回もお仕事を通して貴重な経験、体験をさせて頂きました。
施主様にも大変良くして頂き、本当にありがとうございます。

今後も人の繋がりを大切にして、頑張っていきたいと思います。
ありがとうございました。

※完成画像の方は、後で「施工実績」に載せさせていただきます。

外壁&内部リフォーム③ 仕上げ作業に入ってきました♪

池田です。

天候にも恵まれ、作業も順調に進んでおります。
外壁材を張る事で随分とカタチがみえてきました。

今回、外壁材は「ケイミュー」のシンプルシリーズを
仕様させて頂きました。
金属サイディングなので軽量で長持ち、断熱性能も優れています。

<外壁の様子>

内部作業の様子です。
下地の上にプラスタボードを張り、クロス下地をつくっていきます。

次に、パテ処理をした後にクロスを張っていきます。

<内部作業の様子>

外構作業の様子です。
植木とコンクリートの間にガーデニング用ブロックを仕様して
仕切りを造っていきます。

次にコンクリートを流し込んで、土間を押さえていきます。

完成まであと少しになってきましたね。

<外構作業の様子>

[朝日のリフォーム②] 基礎工事♪

池田です。

「朝日のリフォーム」本格的に始まりました。
先ずは、基礎工事からです。

今回、既存住宅の横に増築工事をして建物を繋げていきます。
丁張作業をして建物の位置を決めて、重機で掘削作業をしていきます。

<丁張、掘削の様子>

次に、シートの上に土間と立ち上がりの鉄筋で配筋作業を進めていき、
土間部分にコンクリートを流し込んでいきます。

<配筋、コンクリート打設の様子>

次に、立ち上り部分に型枠を組んで
コンクリートを流し込んで天端モルタルで
高さ調整していきます。

<基礎工事の様子>

外壁&内部リフォーム② 増築作業しました♪

池田です。

外部下地もほぼ終わり、次に増築作業に入っていきます。

増築作業の様子です。
2坪増築する事で、内部の空間を広げていきます。
既存の外壁間仕切を解体しますので、
梁の下に梁を取り付けて補強していきます。

<梁補強の様子>

<増築作業の様子>

屋根は、ガリバリウム鋼板を仕様させて頂きました。
屋根下地にシージングボードを仕様する事で防音、調湿、断熱性を高めていきます。

<屋根の様子>

内部の様子です。
壁、天井の外部面にグラスウール断熱材を仕様させて頂きました。
部屋の断熱性能を高めていきます。

<内部の様子>

外部サッシは、YKK(APW330)を仕様させて頂きました。
内外部共に樹脂性なので結露を防ぐ効果もあり
断熱性能も高い高性能サッシです。
また、窓枠造作材は、杉材を仕様させて頂きました。

<外部窓の様子>

外壁&内部リフォーム① 始まりました♪

池田です。

7月に入り、気温も上がり始めてきましたね。
外壁&内部リフォーム工事が始まりました。
よろしくお願いします。

今回、外壁部分は全体の7割くらい、施工させて頂きます。
既存外壁と下地を外させて頂き、防水もしっかり施工させて頂きます。

内部は、お部屋のリフォーム工事がメインになります。

<既存建物の様子>

先ずは、外構工事からスタートします。
既存の植木を少し取り除いて頂いて、外部の土間スペースを確保し、
地面を転圧して固めていきます。

<外構作業の様子>

次に、外部の下地作業に入っていきます。
既存の外壁と外部下地まで撤去させて頂いてから、新たに下地作業をしていきます。

外部に防水シート(タイペック)を張る事で防水、透湿の効果を発揮します。

軒裏は、既存のトタンからケーカル板に変更させて頂きました。
ケーカル板にする事で軒裏も空気の流れを取り入れます。
外部下地も通気胴縁を使用する事で外壁内の空気の流れをつくる事ができます。

<下地作業の様子>