下立の家⑫ 外部の下地作業♪

池田です。

躯体検査も終わり、外部も本格的に下地作業へ入っていきます。

今回は、防水透湿に加え遮熱機能も兼ね備えたシートを張っていきます。
遮熱機能を加えることで外部からの熱を防ぎ、室内を快適に保てるようにしていきます。
それと同時に外部下地は、通気下地を仕様する事で外壁内の空気を流動していきます。

<外部下地作業の様子>

外部建具は断熱サッシです。
今回は、APW330を主に仕様していきます。

<断熱サッシの様子>

軒先作業の様子です。
なるべく大きく出す事によって日陰を作り、外部からの熱を直接室内に入らないようにしていきます。

<軒先、軒裏作業の様子>

今回、外部塗料はキシラデコールを仕様していきます。
性能もしっかりして木目も浮き出してくれる優れものです。

下立の家⑪ 躯体検査♪

池田です。

上棟も終わり、次に躯体検査の作業に入っていきます。

内部は、筋交いのほかホールダウンやプレートなど金物を仕様して
構造体を強化していきます。
外部は、建物全体に面材を仕様する事で一体化し、躯体部分を強化していきます。
外部の面材は、ハイベストウッドを仕様しています。

<外部面材(ハイベストウッド)の様子>

躯体検査の様子です。
外部、内部とも1カ所づつ検査していきます。
検査員さん、ありがとうございました。

<躯体検査の様子>

下立の家⑩ 天候に恵まれ上棟しました♪

池田です。

連日暑い日が続いていましたが、上棟式の当日は涼しい1日となり
作業もスムーズに進む事ができました。

施主様はもちろんの事、作業に協力してくれた職人のみなさん
当日は本当にありがとうございました。

<建て方作業の様子>

2018-08-16 18.40.09

作業所で加工していた柱や丸太も綺麗に納まっていきます。

<化粧柱、杉の丸太の様子>2018-08-16 18.40.22 2018-08-16 18.40.58 2018-08-16 18.41.16

手刻み加工した材料も1本づつ組み立てていきます。
作業所で仮組みした金輪継ぎの材料です。

<構造材組立の様子>2018-08-16 18.41.46 2018-08-16 18.42.09

傾斜梁の組み立てです。鳶さん、大工さん、レッカーさんの
タイミングをひとつにして1本づつ納めていく慎重な作業です。
みなさんでしっかり組み立てて頂き、ありがとうございます。

<傾斜梁組立の様子>2018-08-16 18.42.38 2018-08-16 18.44.17
2018-08-16 18.43.00

屋根の垂木も打ち終わり、カタチになってきました。
野地板の上にシージングボードを張ると同時に棟に換気通路を設けていきます。
防水シートを張り、屋根を納めていきます。

<屋根作業の様子>2018-08-16 18.43.15 2018-08-16 18.44.46

2018-08-16 18.45.20 2018-08-16 18.45.49

下立の家⑨ 手刻みのつづき&上棟の準備♪

池田です。

8月に入り暑い日が続いていますね~。

構造材の手刻み加工もほぼ終わりに近づいてきました。
継手の部分を作業所で仮組している様子です。
寸法確認と継手や仕口部分の確認作業をしていきます。

<金輪継ぎの仮組み作業>2018-08-16 18.37.16 2018-08-16 18.37.49

今回リビングに入れさせて頂く、杉の丸太です。
直径約30センチの物を仕様して構造材と化粧の要素を合わせて使っていきます。

<杉の丸太>2018-08-16 18.38.28

化粧柱の加工をしていきます。
今回、和室にヒノキ4寸角柱を仕様させて頂き、中心部分にはヒノキ6寸角柱を仕様させて頂きます。
ヒノキを仕様する事で和の雰囲気を高めていきます。
当然ながら香りもとても良いです。

<化粧柱の加工作業>2018-08-16 18.39.03 2018-08-16 18.39.20

基礎の上に土台を敷いて足場を組み立てていきます。
現場に材料を運搬していよいよ建て方作業に入っていきます。

2018-08-16 18.39.39 2018-08-16 18.36.39

下立の家⑧ 墨付け刻み作業のつづき♪

池田です。

次に構造材(梁や桁など)の墨付け、刻み作業に進んでおります。
今回の構造材の材質は、杉材(県産材)を仕様させて頂いております。
杉材は、調湿効果や断熱性も高く地元の環境に合った材料です。
また、県産材を使う事で杉材の仕様促進活動の取り組みも進めていきます。

墨付け作業の様子です。
土台と同様に木の曲がりやクセを見抜きながら
それぞれの場所に合わせて墨付けをしていきます。

<墨付け作業の様子>2018-08-02 08.55.26 2018-08-02 08.55.52 2018-08-02 08.56.20 2018-08-02 08.56.52 2018-08-02 08.58.30

刻み作業の様子です。
ほぞ穴、落とし、継手部分など墨に合わせてしっかりと刻んでいきます。

<刻み作業の様子>2018-08-02 09.04.25

<金輪継ぎの様子>2018-08-02 09.00.12 2018-08-02 08.59.45

下立の家⑦ 基礎工事の続き♪

池田です。

基礎工事の方、着々と進んでおります。
立ち上りのコンクリート打ちの様子です。
ポンプ車を使ってコンクリートを流していきます。

暑い中、作業ありがとうございます。

<立ち上がりコンクリート打ちの様子>2018-08-02 09.07.06 2018-08-02 09.07.57 2018-08-02 09.07.43

型枠を外して、コンクリート養生します。
最後に玄関や土間部分の高さ調整して基礎工事の完成となります。2018-08-02 09.08.22

木製デッキ取付しました♪

池田です。

木製デッキの制作させて頂いております。
今回は、サイズが少し大きいので持ち運びできるようにと考え
4つに分割して制作させて頂きました。
2018-08-02 08.44.50 2018-08-02 08.45.00

取り付けの様子です。
木を使う事で柔らかいイメージになり外部の雰囲気に合わせた
色に仕上げて完成しました。

施主様ありがとうございます。2018-08-02 08.45.19 2018-08-02 08.45.30

 

下立の家⑥ 土台墨付け、刻み作業♪

池田です。

作業場では、お家の墨付け及び刻み作業を進めております。

土台墨付け作業の様子です。
材質は、ヒノキを仕様させて頂いております。
木の曲がりやクセを見抜いて1本づつ適所に合わせながら
墨付けをしていきます。

<土台、墨付けの様子>2018-08-02 08.53.352018-08-02 08.52.51

加工作業の様子です。
ノミやカンナ、専用の機械を使って加工し仕上げていきます。

ほぞ穴、アリ、カマ継ぎなど、いろいろな形があります。

<加工作業の様子>2018-08-02 08.54.07 2018-08-02 08.53.14 2018-08-02 08.54.23

入善の外部工事③ 完成しました。ありがとうございます♪

池田です。

入善の外部工事、完成しました。
庇の制作、土間工事やガーデニング、外壁張り作業など
外部作業中心のお仕事内容でした。

リフォームをさせて頂く事でお客様のお住まいされる環境が
より良くなっていく事を想い、いつもお仕事させて頂いております。

施主様、ありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。

<外部の庇制作の様子>
2018-08-02 08.32.49内部に採光を取り入れるため、ポリカ板を仕様。2018-08-02 08.32.38 2018-08-02 08.33.44 2018-08-02 08.32.19

<土間コンクリート及びガーデニングの様子>2018-08-02 08.30.37 2018-08-02 08.31.25<菜園スペースの様子>2018-07-19 10.52.19

<納屋の屋根、外壁張り替え及びシャッター取り替え>2018-08-02 08.31.05

入善の外部工事② お庭リフォーム続き♪

池田です。

コンクリートを打ち次にガーデニング造りです。
今回、あらかじめコンクリートを円状に打ちその周りに
丸型の木杭を打ち込んで仕上げていきます。2018-07-19 10.50.25

ガーデニングの中にいろいろな種類の植物と一緒に
金魚の鉢を埋め込んでいきます。
また、一角に家庭菜園スペースを造っていきます。
自然豊かで良いですね。

<ガーデニング作業の様子>2018-07-19 10.51.172018-07-19 10.52.05

<菜園スペース>2018-07-19 10.52.19

小屋の外壁作業です。
下地を直して屋根、外壁を張っていきます。2018-07-19 10.53.14

庇作業の様子です。
冬場の積雪による通路確保の為もあり、今回作業させて頂いております。
また、採光をなるべく遮らないように屋根の一部にポリカ板を仕様させて頂いております。
既存住宅の外観イメージを損なわないように合わせながら造っていきます。

<庇作業の様子>2018-07-19 10.53.46 2018-07-19 10.54.18 2018-07-19 10.54.03

2018-07-19 11.52.47