[朝日のリフォーム⑩] 完成しました♪ありがとうございます♪

池田です。

「朝日のリフォーム」工事、全ての作業を終え完成しました。
工事期間中は、施主様を始め、職人さんたちのご協力の元
作業を進める事ができて、本当に感謝です。

今回も仕事を通して貴重な経験、新しい体験をする事ができました。
これからも、人の繋がりを大切にしていき、取り組んでいきたいと
思います。

施主様、今後ともよろしくお願いします。

詳しい内容は後日、「施工実績」に掲載しますので
皆さま、よろしくお願いします。

[朝日のリフォーム⑨] 外部工事♪

池田です。

内部工事は、全て終わり、残り外部工事です。
外部は、土間打ち、石敷き、巾木の塗り込みになります。

石敷きの下地の様子です。
メッシュの上にコンクリートで石敷きの高さ調整をします。

<石敷き 下地作業の様子>

[朝日のリフォーム⑧] 木製造作建具を制作しました♪

池田です。

内部は、最後の作業になる木製造作建具の製作を進めています。
オーダー製作なので、高さや巾を自由に決めて頂く事ができますので、
綺麗スッキリと納める事ができます。

今回、杉材を仕様していますので暖かい雰囲気に仕上がっていきます。

<木製建具制作の様子>

キッチン収納スペースの様子です。
天井まで建具高さを取る事で
使いやすさとデザインの両方を良くする事が出来ます。

<キッチン建具の様子>

間仕切収納建具の様子です。
普段は、4枚引違戸として使用できますが、
スペースを広げたい時に建具を外さずに、壁面に収納する事ができます。

<間仕切収納建具の様子><壁に建具収納の様子>

[朝日のリフォーム⑦] 完成が近くなってきました♪

池田です。

外部の方は外壁、屋根も納まり完成が近くなってきました。

外壁は、ニチハ金属サイディングを仕様、
屋根は、SGL鋼板の縦平葺き仕様です。

<外壁の様子>

<屋根の様子>

外部の方も、土間打ちや石敷きの下地作業がすすんでいます。

<外部作業の様子>

内部の方は、内窓のプラマードを施工しています。

<プラマード内窓>

クロスや器具付をして、仕上げています。
完成が近くなってきましたね。

[朝日のリフォーム⑥] リビングダイニングキッチン♪

池田です。

「朝日のリフォーム」も増築部分が、カタチになってきました。
次に、既存部分の造作作業に入っていきます。

工事の内容は、既存ダイニングスペースを
リビングダイニングに変えていきます。
主に、
・キッチンの入れ替えと移動。
・既存壁を外し、構造材の補強強化。
・木製建具の製作。

先ず、既存キッチンを外して行きます。
食器棚は再利用させて頂き、新しい食器収納スペースに納めていく予定です。
キッチンは、新しく対面キッチンに変えていきます。

<既存キッチンとダイニング壁の様子>

食器スペースの様子です。
冷蔵庫、既存食器棚、棚スペースの位置を決めていきます。
場所を1カ所に固める事によって作業動線が向上し、
生活しやすい環境を造り上げていきます。

<キッチン各種収納スペース>

キッチンが納まるとこのような感じになります。
オープンな感じに仕上がってきましたね。

次に、既存壁を外して構造材を補強していきます。
既存梁の下部に新しい梁を繋ぎ合わせて、面材で繋ぎます。
繋ぐことで1本の梁になり、構造材の補強強化をしていきます。
壁を外す事でリビングダイニングスペースを造り上げていきます。

<既存梁の補強強化作業>

[朝日のリフォーム⑤] 外部&内部下地♪

池田です。

外部の方は、天候にも恵まれ下地作業がスムーズ進みました。
引き続き内部作業に入っていきます。

<外部下地の様子>

内部作業の様子です。
サッシ取付、断熱材を入れた後に下地作業に入っていきます。

<下地作業の様子>

サッシは、APW330を仕様させて頂きました。
樹脂製サッシで高い断熱、気密性を誇り、結露にも強い優れものです。

<窓の様子>

断熱材は、ハウスロンZEROを仕様させて頂きました。
高性能グラスウールで、省エネ基準やZEH、低炭素住宅に対応し、
人や家族に配慮した素材を使用しています。

<断熱材と下地作業の様子>

床張りの様子です。
無垢の杉フローリングと建材床を組み合わせて
施主様の生活を重視して、適材適所で使用させて頂きました。

<杉フローリングの様子>

[朝日のリフォーム④] 建て方作業&外部下地作業♪

池田です。

いよいよ、建て方作業に入っていきます。
土台は、桧を仕様させて頂きました。

<土台の様子>

建て方当日は、雨模様でしたが大工職人のみなさんが、頑張ってくれました。
作業ありがとうございます。

<建て方作業の様子>

外部と床組の様子です。
白蟻や木材保護を目的として、高性能木材保護材を塗っていきます。

<外部&床組の様子>

今回の木材保護材は、キシラモントラッドを仕様させて頂きました。

この商品の良い点は、主にこんな感じです。
・木材内部にしっかりと浸透し、防蟻、防腐性能を発揮。
・臭いを抑えた低臭タイプ。
・安全性に優れた有効成分を使用。

次に、外部をハイベストウッド(耐力壁)を張っていきます。
耐力壁を全体に張る事で建物の躯体強化を求めていきます。

屋根下地の様子です。
野地板の上にシージングボードを張っていきます。
この作業をする事によって、防音、調湿、断熱性を高めていきます。

<屋根下地の様子>

[朝日のリフォーム③] 手刻み加工作業♪

池田です。

お盆も過ぎましたが、まだまだ暑い日が続きますね。

さて、朝日のリフォーム工事は、構造材の手刻み加工作業に入っています。
土台、柱、梁など材料の曲がりを見ながら
墨付け作業をします。

<手刻み作業の様子>

梁、桁材の継手部分の様子です。
継手には、いろいろな種類がありますが
今回は、台持ち継手工法でいきます。

<台持ち継手の様子>

土台と大引きは桧材を仕様、柱は杉材を仕様させて頂きました。
ホゾ、アリ、さし口等を合わせながら加工していきます。

<土台、柱の様子>

[朝日のリフォーム②] 基礎工事♪

池田です。

「朝日のリフォーム」本格的に始まりました。
先ずは、基礎工事からです。

今回、既存住宅の横に増築工事をして建物を繋げていきます。
丁張作業をして建物の位置を決めて、重機で掘削作業をしていきます。

<丁張、掘削の様子>

次に、シートの上に土間と立ち上がりの鉄筋で配筋作業を進めていき、
土間部分にコンクリートを流し込んでいきます。

<配筋、コンクリート打設の様子>

次に、立ち上り部分に型枠を組んで
コンクリートを流し込んで天端モルタルで
高さ調整していきます。

<基礎工事の様子>

朝日のリフォーム①始まりました♪

池田です。

ゴールデンウィークも終わり、時代は「平成から令和」へ移り変わりましたね~。
時代は変わっても、私たちの想いは真っ直ぐ変わらないので
今後も日々、頑張っていきたいと思います。

さて、朝日のリフォーム工事始まりました。
今回は、増築工事と既存建物のリフォームをさせて頂く予定です。

施主様、よろしくお願い致します。