「本江の家。」新築工事⑪ 内部造作作業♪

池田です。

内部造作進んでおります。
ここまで来ると床、壁、天井のカタチが大分みえてきましたね。

<内部造作の様子>2017-12-14 08.43.43

メリハリある和のイメージ仕上げていきます。
まだ無塗装状態ですが、最終的に自然塗料で仕上げていきます。

<玄関式台>2017-12-14 08.51.59

杉材を仕様して柔らかい雰囲気に仕上げていきます。

<造作材取付の様子>2017-12-14 08.47.16

2017-12-14 08.46.42

 

<ヒノキ材の天井板>2017-12-14 08.40.17

 

お寺様リフォーム⑰ 外部の看板制作と外部の塀制作♪

池田です。

お寺様リフォーム工事も残すところ、外構工事になってきました。
今回は、お寺様の看板制作と既存のブロック塀を利用した
外部塀の作業をさせて頂きます。

先ず初めに、看板製作です。
今回、お寺様の納屋に保管されていたケヤキ材の無垢板を
仕様させて頂く事になりました。

<左側のケヤキ材を使用させて頂きました。>2017-05-11 11.32.44

材料を平らな状態に鉋で削り直します。
次にお寺のご住職様に筆で看板に文字を書いて頂きました。

そして、次にその文字をノミを使って彫り込んでいきます。
今回、彫りの担当は若い職人さんにお任せしました。
数少ない貴重な経験をさせて頂きありがとうございます。

2017-05-11 11.33.42

 

<彫り込み作業の様子>2017-05-11 11.34.07

彫り作業を終えますと、最後に塗装仕上げに進んでいきます。
塗装はウレタン系塗料を仕様させて頂き、複数回の重ね塗りをする事で
耐久性をなるべく上げていきます。

<ウレタン系塗料仕上げ>2017-06-03 09.44.09

次に、既存ブロック塀を利用した外部塀の施工をしていきます。
アルミの支柱や木製板を仕様してカタチを作っていきます。

最後に上部に看板を取り付ければ完成になります。

完成まであと少しです。

<外部作業の様子>2017-05-11 11.30.422017-05-11 11.29.08

お寺様リフォーム⑥ 外部作業♪

池田です。

12月に入り、寒さもより一層感じてきました。

外壁作業もいよいよ終わりに近づいてきました。
先日から製作していた懸魚も無事に納まり
建物自体がより一層、引き締まってきました。

足場を外すまでもう少しです。
気を抜かずにみんなで頑張っていきます。

2016-12-26 19.04.342016-12-26 19.07.552016-12-26 19.09.222016-12-26 19.09.572016-12-26 19.05.53

お寺様リフォーム⑤ 懸魚(げぎょ)と虹梁(こうりょう)♪

池田です。

11月も終わりに近づいてだいぶ肌寒くなってきましたね。

次に、外部の懸魚(げぎょ)製作と虹梁(こうりょう)補修作業に
進んでいます。

懸魚は、木造寺院を火災から守るための
まじないが始まりと考えられているそうです。

仕事させて頂きながら、その由来など同時に勉強させて頂き
貴重な経験をさせて頂いております。

材料の一部は、既存解体時に避けていた材料を加工し
新たに懸魚として使用させて頂きました。

<懸魚製作の様子>2016-12-26 19.02.432016-12-26 19.01.222016-12-26 19.01.392016-12-26 19.01.552016-12-26 19.02.31

<塗装して仕上がりになります。>2016-12-26 19.03.152016-12-26 19.03.31

既存の虹梁を塗装し直し、新しい場所に取付予定です。

<虹梁の修繕>2016-11-12 10.25.292016-11-12 10.24.42

お寺様リフォーム③ 庇、化粧材を取付中♪

池田です。

10月に入り、いよいよ外壁作業が始まりました。
既存の外壁材を外して新しく下地をしていきます。
途中、スズメ蜂の巣もありましたが、巣は抜け殻状態でしたので
素早く撤去させて頂きました。

木部化粧材は、既存建物なので下地の通りをしっかり合わせながら
取り付けていきます。
今回、庇の距離が長いので仕上がりもその分、綺麗に仕上がりました。

天候も良く、気持ちよく作業させて頂いております。。

<外壁作業の様子>2016-10-14 19.42.39

<化粧庇の取付作業の様子>2016-10-14 19.43.10 2016-10-14 19.43.30 2016-10-11 12.16.41 2016-11-12 10.12.23

 

<スズメ蜂の巣>2016-11-12 10.13.10

お寺様リフォーム② 腕木を加工中♪

池田です。

化粧庇の腕木と桁の加工作業をしております。
今回は庇の長さが長く、取付カ所が3ヶ所ありますので
全部で腕木18カ所、桁6カ所を彫っていきます。

これだけ多くの数はなかなか無いと思いますので
貴重な経験ができとても感謝しております。
楽しみながら、頑張っていきます。

<腕木加工の様子>2016-10-14 19.35.38 2016-10-14 19.35.54 2016-10-14 19.36.39

彫り終わった後、塗装で仕上げていきます。

<塗装作業の様子>2016-10-14 19.37.18 2016-10-14 19.37.53 2016-10-14 19.38.20 2016-10-14 19.38.47

田家の家⑱玄関式台&框の取付♪

池田です。

玄関の式台と框の造作作業中です。
今回の式台は、和のイメージが強いのでケヤキを仕様させて頂きました。
木目の柄も木の根っこ部分を仕様する事によっていろいろな表情が出てきます。
ケヤキは、堅木なので式台としての機能も安心です。2016-06-15 12.33.35

材料を加工して、かんなで仕上げていきます。
木目が根っこ部分で不規則なため見極めながら削ります。
大工さんの腕の見せ所ですね♪2016-06-15 13.59.22

並べながら配置の順番を決めていきます。2016-06-15 13.59.43

 

次に、玄関框の加工です。
こちらも和をイメージしていますので、桧を仕様して品よく
柔らかく仕上げていきます。

今回、玄関框はL字に取り付けますのでL字部分の加工が必要となってきます。2016-06-15 12.32.49

2016-06-15 14.00.31

田家の家⑰杉板鎧張り、和の風合い♪

池田です。

外壁作業、本格的に進んできました。
今回、和風デザインを意識しているため、
付け柱や杉板鎧張りの施工方法を取らせて頂きました。

~外部作業の様子~2016-06-15 13.54.00

付け柱、杉板、竿など、あらかじめ作業場で加工&塗装をしていきます。2016-06-15 14.03.07

付け柱、杉板鎧張りの取付の様子です。
どっしりとした、落ち着きある和の風合いに仕上がってきました。

2016-06-15 13.54.29

2016-06-15 14.02.14

2016-06-15 14.02.29

宇奈月の家③(LDKリフォーム)

池田です。

リビング、ダイニング部分クロス張り作業、終わりました。
壁、天井も白を基調として明るいお部屋になりました。
そして、今まで縁の下の力持ちだったケヤキの梁材は、
表に出て存在感を発揮しています。
また、梁の見た目だけでなく、表面に出す事で
部屋の調湿作用にが良くなります。

~リビング、ダイニング部分~2015-10-03 06.30.32

~何十年と壁の中で支えてきたケヤキの梁材~2015-10-03 06.30.51 2015-10-03 06.31.04 2015-10-03 06.31.28

宇奈月の家②(LDKリフォーム)

池田です。

床張り作業も終わり、次に壁、天井の下地作業です。
壁の解体作業の中でお宝を発見しました。

壁の中には、何十年にも渡ってこの住宅を支えている
ケヤキの梁材がしっかりと構えていました。

今まで縁の下の力持ちだったケヤキ材を今度は、
表でどっしりと構えてもらいます。

~壁の中に入っていたケヤキ材~2015-10-03 06.27.15

2015-10-03 06.28.05

ケヤキ材は、新たに削り直して自然塗料で仕上げていき、
壁、天井のボード張り作業をしていきます。

~ボード張り作業~2015-10-03 06.29.17